尖圭コンジローマはこんな病気

尖圭コンジローマはこんな病気

尖圭コンジローマは、人乳頭腫ウイルスを別名とするヒトパピローマウイルスを原因として発症します。接触を機会に皮膚や粘膜にできる小さめの傷よりしていき、3週間から数ヶ月の期間をおいてから、皮膚にイボのようなものができる病気です。放っておくと徐々に大きさを増していき、イボの数も増加していきます。イボそのものは、手術を行うことで除去が可能なのですが、ウイルス本体を完全に除去することは困難なため、再発のリスクの高さがあるのが特徴です。

 

■尖圭コンジローマの症状

尖圭コンジローマの症状は男性の場合、ペニスもしくは肛門の周辺に発症します。主にペニスの亀頭や包皮の内部や陰嚢や精巣にできることが多いようです。女性の場合には、性器の外陰部より肛門の周辺に発症します。

 

 

特に痛みやかゆみを感じることはなく、出血もありませんが、時間の経過とともにイボ状のものは大きくなっていき、イボどうしの合体があり、血流の悪化によって壊死する箇所もでてきます。数ヶ月経過しますと、ペニスに発症した場合、亀頭や包皮の全体にイボが大きくなり、大きさは成人の握りこぶしと変わらないほどになるため、尿道口がわかりにくくなり、陰茎がんとの区別がしにくくなってしまいます。

 

大抵の場合は、その状態になる前に病院で治療をすることになりますが、特に女性の性器の外陰部に発症してしまいますと、恥ずかしさのためなかなか病院で診察を受けることをためらう方もいることから、かなり時間が経ってからようやく受診する方も少なくないようです。

 

 

■尖圭コンジローマの予防と治療

尖圭コンジローマの感染を予防するには、セックスの際にコンドームを使用することが一番の予防法です。発症していますと見た目で判別しやすいので、怪しいと感じた相手とはセックスをしないのが賢明でしょう。

 

 

尖圭コンジローマの治療には、ボドフィリンを使った湿布や、ブレオマイシン軟膏を塗る方法があります。その他にはブレオマイシンを直接患部に注射する方法がありますが、イボ状のものが大きくなってからでは効果が発揮されません。そうなってからは、イボ状のものを手術によって切除する方法が採られます。局所麻酔をしてから、イボ状の部分を電気で焼くか、もしくは切り取ります。

 

 

切除した後は縫合されますが、皮膚移植をするケースもあります。よりイボ状のものが大きくなってしまいますと、最悪の場合、ペニスそのものの切断というケースもあるようです。できるだけ早めに発見し、早めに治療することが大切です。心当たりがあれば病院で検査するのが一番ですが、検査キットを使う方法もあります。