膣トリコモナス症はこんな病気

淋菌感染症はこんな病気

膣トリコモナス症は、主に女性が感染する性病です。男性がペニスの尿道などに感染したとしても、排尿をすることで洗浄されてしまうことがあるため、比較的感染しにくいとされています。とはいえ絶対に感染しないということではありません。

 

膣トリコモナス症は、性器の内部にトリコモナスの原虫が進入することで炎症を起こしてしまい、基本的にはセックスによる感染となっていますが、中にはタオルや下着や浴槽や便器といったところからの感染もあるようです。そのため、セックスの経験のない幼児や女性も感染する可能性のある病気なのです。

 

■腟トリコモナス症の症状

膣トリコモナス症の症状は、感染した10日後あたりから、女性の場合には、悪臭のする褐色の泡状のおりものが増えたり、セックスや排尿の際に嫌な感じがしたり、女性器の痛みやかゆみや灼熱感といったことがあります。症状が進んでしまいますと、血液がおりものに混じってくるケースもあります。

 

男性の場合にはペニスの尿道や包皮や精巣や前立腺にトリコモナスの原虫が寄生したとしても、特に症状が出ることがないケースが大半なのですが、中には尿道へのかゆみや、射精および排尿時における軽めの痛みを感じることもあるようです。

 

パートナーの女性が膣トリコモナス症に感染している場合、相手の男性も感染することもありますので、もしも自覚症状がなかったとしても、パートナーの女性が感染している際には、男性側も一緒に治療をする必要があるでしょう。

 

■膣トリコモナス症の予防及び治療

膣トリコモナス症の予防には、セックスの際にコンドームを使用することがあげられます。HIVの感染リスクも高まる傾向があり、女性の場合には未熟児の出産の増加というケースもあると言われています。トリコモナスの原虫は乾燥に対して弱さがありますが、水中においては比較的長時間にわたって感染するとされています。
膣トリコモナス症の治療には、女性の場合は抗原虫薬の服用もしくは膣錠の投与にて行われます。治療は7日から10日間にわたって行われます。

 

膣トリコモナス症は、自覚症状が出ない場合もあるため、感染した時期が比較的わかりにくい性病と言われています。検査をするには病院や保健所といったところがありますが、病院に行くことに抵抗のある方や恥ずかしさを感じてしまう方のために、検査キットを使った方法もあります。インターネットのサイトから手軽に入手できますので、早期発見及び早期治療のためにも、まずは利用してみるのも良いかもしれません。