梅毒はこんな病気

梅毒はこんな病気

梅毒は、以前は不治の病として知られていた性病です。梅毒はスピロヘータの種類のひとつでもある、梅毒トレポネーマにて発症する病気です。梅毒の感染は、セックスやクンリニングスやフェラチオといったオーラルセックスにて、粘膜や皮膚のほんの小さな傷口より侵入することで起こります。その他の感染経路として、母子感染や血液感染といったものもありますが、セックスを原因とするものと比較すると、ごく少数な例となっています。

 

■梅毒の症状

梅毒は、第1期から第2期、その後の潜伏期を経てからの第3期と第4期に分けられます。

 

第1期は感染後3週間から3ヶ月の間で、梅毒菌が侵入した箇所が腫れてしまいます。

 

男性の場合にはペニスの亀頭や包皮内やその周りに痛みを感じない程度のしこりができ、女性の場合には、性器の大小陰唇やその周辺に同様のしこりができ、太ももの付け根部分のリンパ節が腫れることもあります。これらの症状は放っておいても2週間から3週間程度で消えてしまいます。気になる方はこの時点にて病院や検査キットなどで検査をしておくと良いでしょう。

 

 

第2期は、感染後3ヶ月から3年の間です。
血液中に梅毒菌が侵入してしまい、範囲は全身へと広がっていきます。全身の皮膚や粘膜に赤い斑点状の発疹であるバラ疹ができます。特に痛みやかゆみを感じることもなく、放っておいても消えてしまいますが、リンパ節の腫れが全身に起こります。

 

第3期は、感染後3年から10年までの間です。昨今ではあまり見られるケースはないのですが、ゴム腫や結節性梅毒疹と呼ばれる皮下組織に大きめのしこりができます。体調に関しては良好な状態が継続されますが、内臓や皮膚にて症状が徐々に進行していきます。

 

第4期は、感染後10年以上が経過した時期です。こちらも昨今ではほとんど見られることはなくなったのですが、血管や心臓や目や神経に重度の障害が発生してしまいます。

 

■梅毒の予防と治療

梅毒の感染を予防するには、セックスの際にコンドームを使うことがあげられます。ただし、梅毒菌の場合、口から口に感染することもあるため、不特定多数とのセックスを避けることが一番の方法でしょう。

 

 

梅毒の治療には、ペニシリン系の抗生物質を投与することで改善に向かいます。男性の場合には皮膚科や性病科や泌尿器科にて受診可能です。女性の場合には皮膚科や性病科の他、産婦人科でも受診が可能です。検査には病院や保健所といった場所以外でも、いきなり受診するのはちょっと…という方のために、検査キットを使用する方法もあります。