性病の検査は保険が適用されるの?

性病の検査は保険が適用されるの?

性病の検査を病院で行った場合、健康保険が適用されるケースと適用されないケースが存在します。仮に性病による痛みやかゆみを感じるなどの症状がすでに見られる場合であれば、健康保険を適用することができます。診察料は検査費用を含めてその日のトータルの30パーセントを支払うことになります。

 

基本的には検査のみでは保険の適用はありませんが、感染していることが判明した時点で病院によっては保険の適用が可能となるようです。もちろんその後に続く治療に関しては保険は適用されます。ちなみに、検査キットを使用した場合には、保険の適用はありません。

 

■医療費通知

病院にて健康保険を使用して診療を受けた場合、医療費通知といったものが送付されることもあります。医療費通知は、健康保険をどの程度使っているのかということを、健康保険組合からお知らせしてくれるものです。医療費通知は、加入している健康保険組合によって、送付されるタイミングや内容が違ってきます。

 

無差異に選ばれた方のみ送付するといった場合もあれば、全員にもれなく送付するという場合もあります。どこの病院で受診したかがすべて記載されていたりする場合もあれば、適度に抜けている場合もあります。その他、自宅に送付される場合もあれば、職場に送付される場合もあります。

 

 

医療費通知には、診療を受けた病院名だけが記載されますが、基本的には受診した科の名前やどんな病気で診療をされたのかということは記載されることはありません。ただし、性病などで受診するような泌尿器科や産婦人科の専門の病院の場合には、そのことが記載されるケースもあるようです。

 

■病院と保健所

性病の検査は、病院もしくは保健所にて行われます。まず保健所の場合には、全国にある保健所にて原則的に無料で受けることができます。そして匿名での検査が受けられるのが特徴となっています。検査結果は口頭にて面談という形で通知されるため、電話や郵送にて通知されることはありません。

 

保健所では主に、HIVやクラミジアや淋菌や梅毒の検査が行われます。検査の日程は各自治体や保健所によってそれぞれ違いますので、事前に調べてから行くようにすると良いでしょう。

 

病院での性病の検査は、休診日以外すべての日で可能となっています。基本的に医療関係者は患者の守秘義務があるため、検査を受けたことが他の誰かに知られるということはありません。検査の結果、陽性反応が出た場合にはそのまま治療できます。その他には検査キットを使用した検査方法もあります。